岐阜・瑞浪から世界へ発信するお酒=小左衛門&始禄

小左衛門・始禄(コザエモン・シロク)蔵元 瑞浪で醸される日本酒製造者、いわゆる『蔵人』の ひとりごと・・・

Articles

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

静けさ



富山の五百万石を使った仕込完了。



ほんの一間の静寂が流れる




(つっても、瓶場ではタイトな時間が流れています)


次は美山の仕込が始まります

初挑戦 2014年



やっと酒米の栽培に挑戦出来た。


結果は



張り良し、心白発現率良し

天恩

巷では稲刈りラッシュです


6月の日照不足が影響してますが、8月の作況指数は、

東北地方で平年並(99~101%)、
中部以下南は、やや良(102~105%)

と農水省の報告でした。








写真は日本の3大清流の一つ、長良川上流域(郡上八幡)にて


農免道路には彼岸花が晴天の秋空に映え美しい場所でした。

彼岸花はイメージがあまり良くないようですが(昔話の影響かな?)、実はもぐらとか

球根に毒があり土に穴を掘る生物よけとして、稲作と同時に伝播されたもの

と聞かされています。ペディアで調べると救荒食(非常保存食)としても利用されていた

との記述もあります。


田んぼが黄金に色付き、黄、青、白の世界に彼岸花の赤が美しいです。


改めて、日本酒を造る事で、この美しさを頂けて、一端を担っている事の尊さに感動しました。


今年も酒米は争奪戦になりそうな気配・・・なんとかならないかな





DNA


「もったいない」が口癖のばあちゃん


おいらは、こっつなもん新しく買えば便利で楽じゃんっち思う事があった…



何時も、玄関口に数本咲いていたホウキ草



使ってみると、塩梅が良い。




万象調和、共存共栄
無理、無駄がない生き方って良いですね


日本って何? 日本人とは・・・ 

世界が近くなった昨今、日本酒を根底に、日本とはなにかをしばし再考してみよう


数千年のDNAを引き継ぐ人種として・・・

暑い日が続きます


たまたま寄った温泉宿に、何と!?
渋いラインです。













今週末には、立秋より15日目頃

処暑(しょしょ)になります。


気圧配置を見てても、秋雨前線が発達してました。

マダマダ暑い日中と、朝晩の涼風


暑い時こそ、燗酒が身体に良い!!

美味しい料理とお酒を頂く為にも

冷たい物を控えめに…



秋の実りを妄想しながら、暑い日々を乗り切ろッ



我々の酒造り

忙しさに忙殺され、PCの前にすら来る時間と気力が無い・・・

小左衛門・始祿から醸されるお酒は全て吟醸作り。故に時間と体力勝負!!

甘い物(スィーツ)の消費が半端ないです(--;)


そんな努力の甲斐もあって、Danchuに私達が載る模様


マダマダ小左衛門・始祿として磨かなきゃならない部分は山積み。

もっと、もっと皆さんを楽しく、驚く、幸せのひと時に誘えるように

日々精進

今年も始動しました

25Byもお酒造りを迎える事が出来た事は、ご愛顧頂いたからだと感謝の念で胸が熱くなります。ありがとうございます




去る10月19日に、初洗いを終え、

今日はモト仕込の掛米を洗米、仕込を

します。






今年第一発目の仕込は、富山南砥市産

五百万石55。上槽予定は12月初旬を予定してます。


1日でも早く、完璧な状態で皆様方に

お目見え出来る様、日々精進です。




本年も宜しくお願い致します。

荒れる米

瑞浪米の刈り取り終了


瑞浪錦はまだですが…

この長閑な景色とは裏腹に




昨年度から起こっている

酒米不足


酒米?山田錦に限ってか?

減反対象から外れる模様


TPPから稲作農家の真価が浮き彫りに

なるだろう。

何処の誰かが作ったも分からない原料

でお酒を造らせて貰うのは御免。

おおらかで、やわらかで、美しく

厳しくもあり、あたたかい

天地と人智の授かりもの

物つくりから、事つくりを

伝承して行きたいものだ

職人芸

邪魔だから退かさない?!



そんな一言から始まった


大移動







二人の呼吸が合わないと


大惨事になるでェ~的な絵


おかげで釜場はスッキリ!!

斗瓶採りが

24byの斗瓶が味乗りして来たので

濾過、瓶詰、瓶燗急冷の工程に

進みます*\(^o^)/*






マイナス熟成から、瓶燗急冷を経て

0度熟成に変わります。


飲み頃は約1ケ月先でしょう…



いや、お世辞抜きで美味い!!


上品な香り、繊細な味わい、円やかな

口当たり。とても上質なお酒に仕上が

りましたぜ(^^)

10月26日

おいしいうつわ企画vol.5

今回は地元、瑞浪企画っつう事で、

縁あってウチの蔵に☻





この日は試作コースに合わせ、お酒を

セレクト。




いやァー 楽しみです(^^)

25BYに向けて

いつもこの時期に感じる事、



感謝です。






ご愛顧頂いてる取引先様、愛飲して下さってるお客様、農家さん

本当に感無量、胸が熱くなります。公共の電波を借りますが・・

ありがとうございますm(_ _)m



小左衛門の駆け出し当初、認めて下さる方が少なく製販共に大変でした。
まあ、今が楽とは言えないが…

顔が見える商売が成立している部分は社員一同やり甲斐を感じています。
これまた感謝です。


で、長かった会議を経て

25BYの製造計画にも判を貰い、初洗いに向けて駒を進ませる段階にきました。




本年度も更なる進化と安定と楽しい小左衛門ワールドを展開します!!




出来る限り、動画とかも織り交ぜながら酒蔵の雰囲気をお伝えして行こうと思っています。
イベントも定期的に行い、日本酒の酒蔵から楽しいひと時を生み出してゆこうと考えています。



これ、忘れて欲しくないんだけど・・

新酒だけではなく、熟成したナイスな奴らも居ますので、夜露詩苦~




これからも小左衛門ともども、このブログへもクリックしてくださいね♪

何だか懐かしい

未舗装の道と田圃




直線的なのがちとザンネン






くだらねぇ住居地になるより

まだ、ましかぁ?

mashikoの恩恵2

美味い~(^^)!!



手作りなんだろう

お店並みのクオリティー


何て言葉にしたら良いのだろう…

中々出来ません。思いを形にするって

ただただ感謝です。仕事をさせて貰えてる事、仕事を介して心あたたまる恩恵に巡り会える事。



心が満たされます。








英気を養いましたので、頑張りまっせぇ

ちなみに本日の仕込は40号仲&41号添


3月20日の甑倒しまで…
残すとこ後20本ちょい





ありがとうございます

猿子Mashiko祭の恩恵?

良質なお酒を生み出す為には


良質で、バランスの良い糖分が



ナイスなタイミングで必要なのですが











テンションが上がります。


早速よっちゃん先生が、豆をガリガリ

良い香りが~ぁ

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。