岐阜・瑞浪から世界へ発信するお酒=小左衛門&始禄

小左衛門・始禄(コザエモン・シロク)蔵元 瑞浪で醸される日本酒製造者、いわゆる『蔵人』の ひとりごと・・・

Articles

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

怪物がやってくる

いよいよ怪物『美山』がやってくる。

2日位前から瓶洗いを始め、まだ予定必要量に達していない。ここ何日か、瓶詰めの計画をたてているが、到底一日で終わる量ではないので2日にかけて行う予定であるが、それも無事終わるか判らない。

それに加えてのラベル貼り。今から憂鬱になってくる。

そして貯蔵する場所の確保。一升瓶なら6本づつケースに入れ、それをパレットの上に10箱位づつ3段にする。そのパレットを又重ねる。移動はリフトを使用するが、蔵の端から端への移動はこれまた大変である。

この怪物に負けないようにしなくては。


蔵人T
スポンサーサイト

トラックバックURL

http://sakemeister.blog76.fc2.com/tb.php/98-733e214d

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

コメント投稿フォーム

管理者にだけ表示を許可する

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。