岐阜・瑞浪から世界へ発信するお酒=小左衛門&始禄

小左衛門・始禄(コザエモン・シロク)蔵元 瑞浪で醸される日本酒製造者、いわゆる『蔵人』の ひとりごと・・・

Articles

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初夏?

暑い日であった。

広敷(蔵人達の休憩所)前の温度計は20度を示していた。春を通りこしてしまったのではとも思われる気候である。

数日前までは上着を着て作業していたのが、今日はTシャツ一枚で十分であった。

天気も良く暖かいとなると気分的にも楽しくなりそうだが、そこは酒蔵。我々にとってはこの陽気が頭痛の種である。本来、今の時期はまだまだ寒くなくてはならない。モロミの醗酵に影響を及ぼす。今年は全国的にどこの蔵でも同じ様な悩みを抱えている様である。

夏服の準備をしなくては。


蔵人T
スポンサーサイト

トラックバックURL

http://sakemeister.blog76.fc2.com/tb.php/93-3e4b2ddf

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

コメント投稿フォーム

管理者にだけ表示を許可する

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。