岐阜・瑞浪から世界へ発信するお酒=小左衛門&始禄

小左衛門・始禄(コザエモン・シロク)蔵元 瑞浪で醸される日本酒製造者、いわゆる『蔵人』の ひとりごと・・・

Articles

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジュルジュル

日本酒の味や香りを判断するのに、我々は『利き酒』をします。
利き酒の仕方は人それぞれではあるのですが、口の中に少量を含み、空気を入れながら舌全体に広がるようにすする。というのが一番オーソドックスな利き方だと思われます。
しかし、この方法には若干下品な音が生じます、その音が『ジュルジュル』なのです。
この利き酒の仕方を覚えたばかりの人達や、人として基本的なマナーの逸脱した人達はどこでも場所を選ばず『ジュルジュル』します。

皆で楽しく酒を飲む場で、眉間に皺を寄せ『ジュルジュル』

知らない人が見たら、いい歳して口元の緩い人です。
プロで無い限り、普通に楽しく、もっと簡単に酒を味わって頂きたいものです。
造り手からのちょっと偉そうなお願いでした。

蔵人W

スポンサーサイト

トラックバックURL

http://sakemeister.blog76.fc2.com/tb.php/89-0df5671e

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

コメント投稿フォーム

管理者にだけ表示を許可する

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。