岐阜・瑞浪から世界へ発信するお酒=小左衛門&始禄

小左衛門・始禄(コザエモン・シロク)蔵元 瑞浪で醸される日本酒製造者、いわゆる『蔵人』の ひとりごと・・・

Articles

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

直汲みはじめました

当社の小左衛門ブランドには多種多様な品目があります。
大きく分けると、純米大吟醸・純米吟醸・特別純米・純米・特別本醸造・本醸造・にごり。
更にそれぞれが、米の種類だ、酵母の種類だ、速醸だ、山廃だ、熟成年月だ、生だ、火入れだ、朝搾りだ、斗瓶だ、直汲みだ、なんだかんだと細分化されていきます。
今日はその中でも、小左衛門・純米吟醸・瑞浪米・自家製速醸酵母・生生・直汲みを瓶詰めする作業を行ないました。
当社特製、小左衛門印の直汲み機の前に一人がどっしりと腰を下ろし、左右を横綱の太刀持ちのように一人づつ配置されます。左の人が詰める役の人に瓶を渡し、詰めた人は右の人に渡し、右の人はP箱に入れてパレットの上に積んでいくという作業をドン冷えの槽場ででする事2時間、やっとこさ20c/s詰め終える事が出来ました。味は?・・・旨い!!
甘み、膨らみ、キレ、申し分なく微発泡性が心地よい。

寒い思いして詰めてよかった。

蔵人W
スポンサーサイト

トラックバックURL

http://sakemeister.blog76.fc2.com/tb.php/63-a6885b7c

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

コメント投稿フォーム

管理者にだけ表示を許可する

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。