岐阜・瑞浪から世界へ発信するお酒=小左衛門&始禄

小左衛門・始禄(コザエモン・シロク)蔵元 瑞浪で醸される日本酒製造者、いわゆる『蔵人』の ひとりごと・・・

Articles

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

味覚の変化

酒屋に勤めてはや十年、味覚の変化を肌で感じながらお酒の味も
変化させてきています。

お酒の味も大きく且つスピーディーに変化しているように感じる

そんな昨今、お酒も低アルやら発泡性のお酒やら幅が広がったなぁ
吟醸が世に溢れ出る前は燗酒や生酒がメインで微発泡のような味は
苦いだの渋いだのと認められなかった訳で、搾りたてのお酒なんかは
態々櫂入れてガス(発泡性)を抜いていた訳です。

我が蔵では斗瓶、直汲、普通ものと一本の仕込から味の違いを楽しんで頂く為に数量限定ながら製造している。・・濁りもあるなぁ

斗瓶は過日の日記のように手間隙かけて摂取するわけで、味の密度の滑らかさ、繊細さはぴか一です。熟成させると更にGOOD!!
まさにVintage Sake
最高峰のお酒!!空気に触れている時間が長い為、我が蔵の考えでは酸化の極致に至ったお酒と位置づけしてます。

直汲みは昨日の日記通り・・・付け加えるとしたら、超新鮮な搾りたてのお酒。中汲みと同等です。
ハシリとセメは入ってません。斗瓶の酸化の極致の正反対。酸化させずに瓶に閉じ込めた生酒。

普通ものは、上記のような特殊な事はせずに搾りあげた物。
バランスを保つ為に数日間静かに安置して滓引きし瓶詰されます。

・・・と此処までブログを完成させるのにはや2時間が経過。
室の仕事も相まってさすがに眠い。

最後に私の言いたい事は、時代の変化に伴い味の多様化な昨今。
ブランドに左右されない、自分の感覚を構築する人が一人でも
増えて欲しいと只々思う日々であるのです
スポンサーサイト

トラックバックURL

http://sakemeister.blog76.fc2.com/tb.php/62-91638c4a

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

コメント投稿フォーム

管理者にだけ表示を許可する

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。