岐阜・瑞浪から世界へ発信するお酒=小左衛門&始禄

小左衛門・始禄(コザエモン・シロク)蔵元 瑞浪で醸される日本酒製造者、いわゆる『蔵人』の ひとりごと・・・

Articles

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Vintage SAKEと言われるには・・・

数あるアルコール飲料の中でも日本酒の製造過程が一番複雑で繊細だと
我ながら思う。

しかしながら原料が高いのが玉に傷かなぁ。
ボトル一本500円の飲めるワインはあっても、500円で飲める
お酒は無い!!残念・・・・・

日本酒で熟成すると化けるお酒達が在るのはご存知でしょうか?
いや、熟成する事で更に美味しくなるとの表現の方が妥当かなぁ。

これ理由は私目には解りませんが、モロミをしっかり熟成させる事と
醗酵させる事だと確信もてます!!!

勿論しっかりとした造り(麹、酒母)が前提に有りますが。
しっかりとした麹とは、小左衛門流だと芳醇麹を造りだすこと。
若くない、ふわっとした甘みが口中に広がる麹です。
しっかりとした酒母とは、ちゃんと麹の力を引き出した酒母である事。
ちょっと解りにくいかもしれませんが、お米のデンプン質を糖などへ
変化させ酵母の増殖を図った酒母です。

上記の過程にはAオリゼーやSセレビジエの力を最大限に生かす事なのです。

その結果しっかりと熟成させる事の出来るモロミに成長するので、熟成でへたら無いVintage SAKEに成るのです。

スポンサーサイト

トラックバックURL

http://sakemeister.blog76.fc2.com/tb.php/60-26f56c61

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

コメント投稿フォーム

管理者にだけ表示を許可する

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。