岐阜・瑞浪から世界へ発信するお酒=小左衛門&始禄

小左衛門・始禄(コザエモン・シロク)蔵元 瑞浪で醸される日本酒製造者、いわゆる『蔵人』の ひとりごと・・・

Articles

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

酒蔵の一日

0355 起床(昨晩バーボンを飲んだコップでコーヒー入れる)
0400 櫂入れ、品温チェック、濾液取り、米置き
0500 朝食
0530 仮眠
0600 米担ぎ(蒸し米を甑から取り出し、指定された場所へ)
0630 麹室での仕事
0730 仮眠
0800 瓶詰め作業(四合瓶を1200本位)
1200 昼食
1225 仮眠
1245 瓶詰め作業(一升瓶1200本位)
1510 休憩(F社製クッキー4枚、製造年月日を横目に食す)
1530 瓶場清掃
1730 甑準備
1740 終了
1900 夕食(デザートのアップルパイ付き。アイスクリームまでも)
2100 作業用手袋の修繕
2130 洗濯

これが今日の私の一日。ブログ当番であるので夕食後は仕事を免除されているが、普段は麹室での仕事が夜中まで2~4時間おきにある。その間、仮眠を取りながら待つ。

明日の朝はボイラー当番であるので0340には起きなくてはならない。今現在2340であるからあまり寝られない。ブログをもっと早く書いて、さっさと寝れば良かったといつも思うのだった。

蔵人T
スポンサーサイト

トラックバックURL

http://sakemeister.blog76.fc2.com/tb.php/58-e3b68e44

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

コメント投稿フォーム

管理者にだけ表示を許可する

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。