岐阜・瑞浪から世界へ発信するお酒=小左衛門&始禄

小左衛門・始禄(コザエモン・シロク)蔵元 瑞浪で醸される日本酒製造者、いわゆる『蔵人』の ひとりごと・・・

Articles

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

準備作業

酒蔵にて使われる多種多様な道具達は、基本的には完全なる洗浄殺菌を行われたうえで使われる事が望ましい。
ましてや酒やモロミ、麹などに直接触れるものなどは、いやらしい姑の猜疑心のみで構成された目を持ってしても、何一つボロが出ないぐらいのクオリティーが求められるのです。

今日は斗瓶囲いの準備作業。
袋吊り用の酒袋をひたすら洗う、洗う、洗う。
ひたすら殺菌・殺菌・殺菌。
もはや姑、小姑のツープラトン攻撃をもってしても微生物の一匹も見当たらないぜ、と言い切れるぐらいの気持ちで洗い上げるのです。

寒いわ、冷たいわ、腰にくるわで結構大変なんですけど、美味しい斗瓶を取る為ならなんのその、頑張っちゃうのです。

ペコちゃんのトコなんて論外ですわよ

蔵人W
スポンサーサイト

トラックバックURL

http://sakemeister.blog76.fc2.com/tb.php/54-76e17cad

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

コメント投稿フォーム

管理者にだけ表示を許可する

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。