岐阜・瑞浪から世界へ発信するお酒=小左衛門&始禄

小左衛門・始禄(コザエモン・シロク)蔵元 瑞浪で醸される日本酒製造者、いわゆる『蔵人』の ひとりごと・・・

Articles

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とてもラッキーな




つるちゃんの大将:釣田正道人氏。 超ラッキーな人の一人でっせぇ~



大吟クラスの斗瓶採りをしている時に来蔵される方達。

滴り落ちる雫を、その場で味わう事なんて、まずもって有りえない事ですからぁね




更に、今日は態々横浜から森野屋酒店の店長&若女将にお越し頂きました。

室が寂しい中の来蔵でしたが、思わぬサプライズにお楽しみ頂けたようで・・・




そんな超ラッキーな事があるんです。


ですから、最寄りの蔵へ見学に行くと意外な発見があると思いますよ。




全国に点在する約1500か所の蔵は未だ持って製造をしておりますから、是非是非最寄りの酒蔵の門をくぐり

蔵見学をしてみてください。



日本の、アジアの文化をより知ることが出来るかも・・・・?



ちなみに、今月はあと2回、斗瓶採りを行います。直汲は何回するかなぁ・・・・



スポンサーサイト

トラックバックURL

http://sakemeister.blog76.fc2.com/tb.php/322-7b4770c0

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

コメント投稿フォーム

管理者にだけ表示を許可する

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。