岐阜・瑞浪から世界へ発信するお酒=小左衛門&始禄

小左衛門・始禄(コザエモン・シロク)蔵元 瑞浪で醸される日本酒製造者、いわゆる『蔵人』の ひとりごと・・・

Articles

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

瓶に詰まるまで

お米からお酒(此処では搾られるまでの期間)になるまで約59日。
そのお酒が瓶に詰まるまで約30日。 計100日ほどかかりやっと商品になる。

(といっても、小左衛門商品の過半数は熟成されるから半年~1年経たないと
19BYが飲めないわけで、そうなると試飲会での現地点のお披露目が面白い!
と来る訳だなぁ)


さて、通常搾ったらそのまま瓶に詰めてると思われがちな日本酒ですが、お酒達の
個性にあわせて幾重の工程があるのです。
スポンサーサイト

トラックバックURL

http://sakemeister.blog76.fc2.com/tb.php/198-5fe6afbe

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

コメント投稿フォーム

管理者にだけ表示を許可する

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。