岐阜・瑞浪から世界へ発信するお酒=小左衛門&始禄

小左衛門・始禄(コザエモン・シロク)蔵元 瑞浪で醸される日本酒製造者、いわゆる『蔵人』の ひとりごと・・・

Articles

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生酛が持つ神格

生酛を育成していると、古来人々があちらこちらに神様の住む場所を設けて
やれ神社だ、やれ祠だ、やれお怒りじゃ人柱じゃ。

なんてことにてんやわんやだったことが良く理解できる。

米と米麹と水 
置いといた 
溶けてきた 
泡出てきた
飲んでみた
・・・
酔ってきた

こんなもん神の仕業以外の何物でもないですよ。
人には出来ない神の仕業。

仕組みが解明された現在でも、現場にいると、人間には到底どうにも出来ない
存在だと改めて畏怖の念を持つことが多々あります。

これこそ神格と言うものなんですかね?
でも神様飲んでおいしいとはこれいかに
PICT0071.jpg

↑ただいま山廃、神、降臨中↑
スポンサーサイト

トラックバックURL

http://sakemeister.blog76.fc2.com/tb.php/197-302d90c8

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

これからも

神様はどんな酒が好みなんでしょうね(^_^)神様以外にも旨く頂ける酒造りを目指してガンバ!

コメント投稿フォーム

管理者にだけ表示を許可する

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。