岐阜・瑞浪から世界へ発信するお酒=小左衛門&始禄

小左衛門・始禄(コザエモン・シロク)蔵元 瑞浪で醸される日本酒製造者、いわゆる『蔵人』の ひとりごと・・・

Articles

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

美味しい物には毒がある?いやいや危険だな

秋-冬の味覚”銀杏”をあてに小左衛門をしばしば・・・
既に肝心の『実』のほうは木から落ち、消費されている訳なんだけど
先週ほとんど落葉したので、恒例の落ち葉掃きを慣行した。

これ、かなり危険!!

銀杏の葉は防火にも役立つほどの油分を含んでいて滑る、滑る
わが社の社長は屋根に到着後、間もなく1mほど滑り落ちてました・・・

そんな事もありつつ、無事負傷者を出すことなく本年度も無事すべての葉下ろしを終了する事と相成り、晩酌のネタに花咲いたわけであります
スポンサーサイト

トラックバックURL

http://sakemeister.blog76.fc2.com/tb.php/155-99037d64

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

コメント投稿フォーム

管理者にだけ表示を許可する

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。