岐阜・瑞浪から世界へ発信するお酒=小左衛門&始禄

小左衛門・始禄(コザエモン・シロク)蔵元 瑞浪で醸される日本酒製造者、いわゆる『蔵人』の ひとりごと・・・

Articles

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋も深まり・・・

朝晩の温度がしっかりと?冷え込み始めました。

もうフリースが放せません^^

社内の銀杏も風が吹く度にボトボト~と落ちてきます。
踏んで知らずに車に乗ると、大変な事に・・・

そんな秋の深まりと共に、仕込第1号も味が深まりつつあります^^

今年は純米で行けます♪

といっても例年のアル添量はコンマ数%だったので、
アル添したという既成事実程度ですねぇ。

家のお酒はアル添しなくても美味いって言ってもらえるお酒を

目指してゆきます。

(↑個人的な見解になりすぎ?決してアル添をダメとは思っていません。むしろ素晴らしい歴史的副産物だと思いますよ。ただし、アル添してもそれを感じさせないお酒ならね)
スポンサーサイト

トラックバックURL

http://sakemeister.blog76.fc2.com/tb.php/15-46b215cd

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

コメント投稿フォーム

管理者にだけ表示を許可する

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。