岐阜・瑞浪から世界へ発信するお酒=小左衛門&始禄

小左衛門・始禄(コザエモン・シロク)蔵元 瑞浪で醸される日本酒製造者、いわゆる『蔵人』の ひとりごと・・・

Articles

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

酒屋単語

昨年から仕込みの時間(朝6~8時)に高校生のバイト君をお願いしてますが、もっから教育中で説明ってホントに難しいなぁと感じさせられる。酛室、室、櫂棒、醪など殆ど全てが日常生活には触れない単語が飛び交うために作業内容を説明しながらの話なので時たま『えっ~』なんて事はざらである。
毎年の事になるから、マニュアルでも作成するかぁ・・・

で、酒屋の言葉で最も危険なのは『首つり』かもしれない。
昨年のブログにも記載した記憶があるが、
”おぉ~い、首つり用の棒どうする?”なんて店内で会話してると皆振り返る訳で発言にも細心の注意を払わないと大変な誤解を招く職種であること間違いないだろう
スポンサーサイト

トラックバックURL

http://sakemeister.blog76.fc2.com/tb.php/143-d31022f1

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

Re: 酒屋単語

・・(^ム^)笑えますなぁ
確かにそんな会話が聞こえたら、誰か見ちゃいますなぁ。
酒屋の言葉小生カッコイイと思いますよ。
GOODSの販売期待してます♪

  • 20071210
  • rainbow soil ♦-
  • URL
  • 編集 ]
コメント投稿フォーム

管理者にだけ表示を許可する

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。