岐阜・瑞浪から世界へ発信するお酒=小左衛門&始禄

小左衛門・始禄(コザエモン・シロク)蔵元 瑞浪で醸される日本酒製造者、いわゆる『蔵人』の ひとりごと・・・

Articles

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蔵開放 秋ver

今朝は冷え込んだ・・と言ってもやっと5℃
仕込にはありがたい気温ですが、もっと冷えた方が良いねえ。
胴割れを起こした万石も蒸し上げまでの調節で良い蒸米になり
製麴にも差し支えない良い蒸し上がりになり、一安心
バタバタと仕込を終えて、秋の蔵開放のヘルプへ・・・

いやぁ~素晴らしい時になりました。
ほんとうに多くの皆様の笑顔に触れる事ができました。
酒談議にも花が咲きましたし、燗酒の旨さに気付いてくださった方もいたし、純米だの本醸だの生だのと一般常識を超えての燗付けに花が咲きました。今日は贅沢にも斗瓶や直汲、純米大吟醸などの燗酒に興味を持たれた方がおり本当に楽しかった。
狭い場所での試飲でしたのでお話しする機会を逃してしまった感は在りますが、19BYの造りにおいて、更に小左衛門らしいバラエティーに富んだお酒を醸してゆく元気を頂きました。

遠方から態々お越しくださった方々、貴重な時間を割いて訪問して下さった方々、本当にありがとうございました。
この想いは必ずお酒でかえさせて頂きます所存ですので、来春をご期待下さい。・・と言っても18BYで熟成を待っているお酒達はまだ居りますがね
スポンサーサイト

トラックバックURL

http://sakemeister.blog76.fc2.com/tb.php/135-cc55beaf

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

コメント投稿フォーム

管理者にだけ表示を許可する

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。