岐阜・瑞浪から世界へ発信するお酒=小左衛門&始禄

小左衛門・始禄(コザエモン・シロク)蔵元 瑞浪で醸される日本酒製造者、いわゆる『蔵人』の ひとりごと・・・

Articles

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

古い物には味がある

個人的に新しい物にはあまり興味がない。
というか、新しい物には味が無くて、ついつい手を加えてしまう。
新調したベルトを手でモミ々使用感をだすとか、新車に泥を投げつけて
ラフさを醸し出すとか・・・

そんな事を現在瓦職人が社内の瓦を修繕しているのを横目で見ながら
思う。

お酒もしかり!

時は様々な風合いを織り出す素晴らしいエッセンスだ^^

お酒を買う時にわざと古い製造年月を選ぶようになれば、君は
かなり玄人だ・・・
スポンサーサイト

トラックバックURL

http://sakemeister.blog76.fc2.com/tb.php/108-dcfd1cd9

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

コメント投稿フォーム

管理者にだけ表示を許可する

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。