岐阜・瑞浪から世界へ発信するお酒=小左衛門&始禄

小左衛門・始禄(コザエモン・シロク)蔵元 瑞浪で醸される日本酒製造者、いわゆる『蔵人』の ひとりごと・・・

Articles

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手柄杓汲み Again






そう、そう

この方の嗅覚はすごい



----

味乗りプリぷりのこやつを

----



サクッとお持ち帰り



スポンサーサイト

純吟雄町






今年のお米は硬い!割れる
溶けない…


難しい年ですねぇ…





そんな中で、イメージと現場が旨く交差したお酒の1つ。


此奴、純吟雄町


----

此れは、直汲

----


ジッと耐えて詰めます。

美味しい!!を聞くために




色んな直汲がありますが、
小左衛門は、中汲み直汲で、何故かガス感が高いのが特徴です。

製造の段階から違うんだねェ…







身近ですねぇ








普段の生活の中で、必ず
垣間見る… 黴-カビ


アジア圏内の独特な文化




菌の種類を旨く利用して生活を彩る




その最たる物が、アルコール飲料。


特に、蒸留しないまま飲む日本酒は凄い。



----


最近は、パッケージにも拘っているのは何故?


黄麹バンザイ!!





おめでとうございます









と、言うのは適切なんだろうか?



旧暦では、元旦の今日。


----

酒造りと旧暦がどの様な関わりが成り立っているのか?研究課題だなぁ



この辺りは、明日が豆まき





福わ~内(^O^)/


Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。